ひげレーザー脱毛

何故毎朝ヒゲを剃って会社に行くのか?

おすすめレーザーヒゲ脱毛

社会人の常識として、出社前の身支度は基本中の基本と言えますが、殆どの人は身支度で朝から「ヒゲを剃る」と言う習慣を持っていることと思います。


毎朝めんどくさいなーなんて思いながら、どうして毎朝ヒゲを剃っていくのでしょうか?


「そんなの社会人として当たり前じゃねーか!」とは思いますが、それでは何故なのかしっかりした理由を説明できますか?

どんなイケメンでも評価は下がる

おすすめレーザーヒゲ脱毛

例えばあなたの家や会社に初対面の営業マンが来て何かを売り込みに来たとします。


外国人でもあり、結構なイケメンに見えますが…


どんな印象を受けましたか?話を聞いてみようという気にはなりましたか?

おすすめレーザーヒゲ脱毛

それではこのような人だったらどうでしょうか?


これは全く同じ人物の画像からヒゲと髪の毛の一部を修正したものですが、上の人と比べた印象はどうでしょうか?


多くの人が全く印象が変わって見えたと思いますが、あなたはどう感じましたか?


相手のことを知っているならともかく、まったく知らない初対面の人ならなおのこと見た目の第一印象が大事なのだと言う事がわかりますね。


これは社会心理学では、ハロー効果と呼ばれています。


どうでしょう、これで毎朝幾らめんどくさくてもヒゲを剃ってから出勤している理由がハッキリしました。


オレは営業マンでもないし、まだ学生だしと言う方もいるかと思いますが、仕事関係だけじゃなく人間関係など、例えばもし彼女が居なくて欲しい方ならヒゲでも剃って見た目から良くした方が得策かもしれません。


ヒゲが濃くて悩んでいる方も含めて、ヒゲのレーザー脱毛をやってみる価値は有ると思います!

ハロー効果(halo effect)とは社会心理学の現象で、例えば、外見のいい人が信頼できると感じてしまうことや、ある分野の専門家が専門外のことについても権威があると思ってしまうことで、良い印象から肯定的な方向に、悪い印象から否定的な方向に働き、ある対象を評価をする時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて、他の特徴についての評価が歪められる(バイアス)現象のことです。

ひげレーザー脱毛お勧めクリニック

メンズリゼクリニック

メンズリゼクリニック

医療レーザー脱毛の痛みを軽減

レーザー脱毛の痛みは患者ごとに違います、その情報はすべて電子カルテに記載して情報を共有しているので、違う施術者が対応する際も、事前に照射方法を確認し、また照射時にも患者がびっくりしないよう心の準備ができるように施術者が「ハイ、ハイ」と声掛けをすることで痛みを軽減するようにしている。


術前・施術中・施術後に希望に応じてしっかりクーリングを行い、冷却することで照射後の炎症を抑えるだけでなく、痛みを緩和する効果も。


料金 月額3,100円〜
評価 評価5
備考 モニターになって体験談の作成で最大15%オフ!他エステからの乗り換えで全部位1回2,980円</td>

メンズリゼクリニックのここがお勧め!

メンズリゼクリニックはエステではなく医療機関(クリニック)なので、脱毛医師が最新医療脱毛機で本格的な脱毛を受けることができるから確実&安心です!


これはエステには真似できない、クリニックならではの特筆すべき点で「日本人男性の毛質に最適」と言われている最新医療脱毛機「ライトシェア・デュエット」を導入しており、ムダ毛一本逃がさない確実&安全な脱毛ができます!

ゴリラクリニック

ゴリラクリニック

ヒゲのレーザー脱毛はゴリラ脱毛で!

医療機関だから、痛さを緩和してくれる麻酔も併用でき、施術後に肌荒れや痛みがあっても、処方薬が出せるので施術後のアフターケアも万全です。


医療資格を持ったスタッフが施術してくれるので、ひげレーザー脱毛も安心して受ける事ができます。


料金 1部位36,000円〜
評価 評価5
備考 全部位各5回コースが120,000円 月々3,200円〜

ゴリラクリニックのここがお勧め!

ひげレーザー脱毛は結構強い痛みが伴います。

ある程度の痛みも脱毛の効果を考えれば我慢出来るでしょうが、「こんなに痛いのは無理!」と感じる方は、麻酔を併用してレーザー脱毛を受けることも出来ます。

医療機関のクリニックだから、麻酔を併用した脱毛方法で痛さも和らぎ脱毛することができます。

ひげレーザー脱毛の種類

おすすめレーザーヒゲ脱毛

レーザーと一口に言っても、その中にも色々な種類があることはご存知でしょうか?

個人ごとに体質があるように、ひげにも性質があり、それに合わせたレーザー光線を使用することで効果が上がったりします。


例えば施術中に今まで使っていたレーザーの効果が見られなかったりした場合は、使用する機器の種類を変えてみる、違う種類の機器を交互に使用するなどの方法をとることがあります。


また、レーザー照射時の痛みに我慢できない場合も、使用する機器を変えてみたら我慢できた、と言う事もあります。

レーザー光線の種類

日本で主に使用されている医療レーザーは「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー」の3つで、最近は「メディオスター」の利用も増えてきています。


ここでは主に使用されている医療レーザーについて解説します。

ダイオードレーザー
照射範囲が広いので照射時間が短い+痛みも少ない

ダイオードレーザーのライトシェアデュエットと言う機種では、一般的な医療レーザー脱毛器に比べて照射範囲が約5倍あります。


それに伴い、施術時間が3分の1に短縮され、全身脱毛など脱毛範囲が広い場合など回数を減らすことも可能です。


また最近のダイオードレーザー系脱毛器は、高い出力で脱毛することが出来る上に、3/100秒と非常に短い時間で肌に直接照射を行います。


従来のレーザー脱毛機器では20ジュールでも火傷する事もありましたが、ダイオードレーザーではその倍の40ジュールでも火傷を起こしません。


更に最近のダイオードレーザー脱毛機器には集中冷却システムも搭載され、冷しながら施術を行うため痛みもほとんど感じないようです。

産毛も脱毛できる

ダイオードレーザーは波長が長く、肌に直接吸収される光なので、どんな肌の人にも使う事ができます。


レーザー脱毛では主に毛母細胞にダメージを与え、さらに皮脂腺の下部にある『バルジ領域』という発毛因子を出す箇所を照射することにより発毛を防ぎます。


産毛の毛根もしっかりと捉えるため、ひげ脱毛や、体毛の薄めの方の脱毛にも向いています。

アレキサンドライトレーザー
短時間で施術できる

アレキサンドライトレーザーは755nmの波長で、直径1-1.5cmの広さを1回で照射でき、20〜30本を一気に処理することが可能。


照射時間は0.1秒なので、ワキの下なら片側で約5分程の短時間で広い範囲の脱毛処理ができる。


さらに脱毛効果も高いので、照射回数もすくなくて済み、脱毛エステよりトータルの期間も短く脱毛することができます。

肌の引き締め効果

アレキサンドライトレーザーは、元はシミ治療のために研究されていた技術であり、毛根のメラニンに反応するのでシミやホクロが薄くなったり、消えたりする事があります 。


またコラーゲンの産生を促すことができるので、肌にハリが出てきたり毛穴の引き締め効果で、きめ細かな肌になります。

ロングパルスヤグレーザー
日焼けした肌でもOK

ロングパルスヤグレーザーは、1064nmと長い波長のレーザーです。


軟い毛に比べ剛い毛は毛根が深いところにあるので、短い波長では毛根部位まで到達することができず、表皮のメラニンや毛の一部に反応して、肌にダメージを与えたり、火傷の原因になったりします。


波長が長ければ皮下浸透力が深くなり、肌に与えるダメージを軽減することができ、日焼けした肌や色素沈着のある部位でも、皮膚表面のメラニンに対する反応が弱く、安全性が高いとされています。


また、深部にまでレーザーが到達するため、男性のヒゲなど色素が濃い部分や太い毛の脱毛や、ビキニライン(Vライン)、性器周辺(Iライン)、肛門周り(Oライン)、などにも使用できます。


照射直後に毛が飛び出て抜ける事が多いので、毛のう炎のリスクが少なくなります。

メディオスター

導入されて間もないので、従来と同じような効果があるかは未知数な面もあるが現在注目されている。


メリット→泥棒髭・赤み・毛嚢炎になりにくい、産毛にも効く、痛みが少ない(※ただ個人差はあって、バチバチ連射されると痛い、アレキの痛みよりはマシなど)。


デメリット→長期的にみた効果や症例がまだない。導入しているクリニックが少ないので現在は実績の報告待ち。

レーザーの種類による痛みの感じ方
痛み小 メディオスター<アレキサンドライトレーザー<ダイオードレーザー<ヤグレーザー 痛み大

ヒゲ脱毛はどこでも選べる

地方都市でもヒゲ脱毛が人気なので、たいていの主要都市にはレーザー脱毛も、光脱毛も、ニードル脱毛もあります。

 

特に東京ではヒゲ脱毛ができる医療機関やメンズエステ、メンズ脱毛サロンが目白押しなので、選び放題です。

 

最近はヒゲ脱毛以外にも人気になっていて、チンゲの脱毛を希望する人も増えています。

 

場所も、新宿、渋谷、池袋、銀座などにたくさんあります。

更新履歴